• 2017_08
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>
  • 2017_10

日記とか愚痴とか恨み言とかetc なんか、いろいろと迷走中。

トラウマライダー



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]


PCSレポ 予選編

出てきました。PCS。チーム戦のCSです。

素晴らしいチームメンバーと素晴らしい大会運営、そして素晴らしいデッキに、なにより素晴らしいデッキトップ。最高の大会でした。

チーム名:紫陽花
チームメンバー
A EVE(パーデク)
B 由夢(征竜)
C りむーぶ(征竜)

一回戦 ヴェルズ
1st 雑談などをしながら和気あいあいとスタート。相手の先行で、開幕オピオン。手札にはパーデクと高等に変わりうる札、儀式準備が存在し、パーデクを立てられない状況にされ、回答を求められる。立ててきたオピオンに対して儀式準備から回収したサクリファイス。相手はサクリファイスのテキストを確認し、無慈悲な強制脱出装置。ここまでやられたところでかんぜんに回答をなくしたのでいきのこりつつデッキがばれないように動くプランに変更。そのままセットはとられたが相手に完全にサクリファイスビートだと思わせることに成功。
2nd 先行から無慈悲なパーデクの着地。ヴェルズは死ぬ。
3rd 相手の先行からサンダーバード召喚。オピオンは来ないよう。こちらはパーデクの召喚が可能だったため、無慈悲なパーデクを立て、そこから展開できない手札。相手の除去に天使を投げつつ、トライワイトからのダウナードでビート。勝ちまで。

個人✕○○ チーム負け

二回戦 六武衆
1敗してる以上こういう地雷を踏むのは仕方ないかと思うも、完全にそれをお前が言うか状態。はい。言います。
余談として1敗したこともあってチームの雰囲気がやばかった。ほーるとんとゆめさんは机にうつむいてたし。なにまけてんだよーみたいな冗談も言える状態じゃない。やばい、。後に寝ているだけだと判明。

1st パーデクを着地させてあいてのカードに除去を当てていって勝ちまで。唯一怖かったのが勾玉とかいうクソカード。ただ、相手の顔を見てると入っていないっぽいこと、少なくとも、引いてはいないことが読めたのでそのまま押し切る。
2nd 相手が、先行カゲキ影武者からナチュビ。次のターン、カゲキ影武者からはナチュビが立てられないことに気付く。ジャッジを呼んだところ相手がロスを貰う。
その後、勝敗は別にしてカゲキ影武者からシエンを立てていたという仮定のもとにデュエルを続行。パーデクを立てることができずさらに正しい素材でのナチュビまで立てられ、こちらがジリ貧になりかけるも、無慈悲なメタイオン。そのまま次のターンにクリスを擁立し勝ちまで。ジャッジキルなんてしなくても実力で勝てることをわからせた。

個人○○ チーム勝ち

三回戦 征竜
昼休み。ほーるとんはまた寝てるゆめさんもグロッキー。昨日飲ませた沖縄土産の泡盛が効いているのだろうか? チームの雰囲気をよくするためにも俺が何とかしなければということでお昼の買い出しに。パチンカーの友達もいいことをすればするほど自分の運も良くなるとか言ってたし!

1st 覚えていない。征竜の物量に圧殺されたはず。渓谷まで構えられたら物量がやばい。パーデクで完全に止めきることはできずに圧殺されてしまう。
2nd 前日にほーるとんとゆめさんに死ぬほど征竜で相手してもらったときに編み出したサイチェンプランを実行。ただ致命的なことにパーデクが立たず、櫃に対してソウルドレインを発動。櫃で大嵐を加えられるも、そのときまでにはパーデクを立てられているだろうとの読みもはずれ、結局そのまま押し切られてしまう。きつい。

個人✕✕ チーム勝ち
ほーるとんは死にそうな場で、ゆめさんはワンキルの構えに激流貰ってて、死んだと思ったらほーるとんは帰還からの逆転。ゆめさんは相手の返しが弱くてワンキルをし直していた。ほんとうにありがとう。負けてごめんなさい!

四回戦 征竜
ここまで来たら勝つしかない!
1st パーデクを出すも攻めあぐねる。サルベージと量産で引きこもる構え。サーチは通ってしまうので一色は諦め、SSに対してパーデクを当てて8シンクロを出されないようにする。相手が、4色使ったところでこっちもハンドに回収したバニラ4種を失った状態。つまり墓地天使4。トップクリス勝ち。ありがとうございました。
2nd 相手はこっちのマンジュ召喚に警告。仕方がないから準備からスタートすることに。ハンドにあった高等を発動して、Gを貰うもパーデクしか出せないのでワンドローで停止。永続をセットして守り切る構えに入る。思惑は成功し相手が、攻めあぐねている間にクリスで蓋をして勝ち。

個人○○ チーム勝ち

予選通して個人3-1 チーム3-1
すばらしい。
運営の人に聞いたところ、3-1はとりあえずトナメに進めるだろうということ。すばらしい。
  1. 遊戯王
  2. / trackback:0
  3. / comment:1
  4. [ edit ]
続きを読む
スポンサーサイト


サイドラはどこへ消えた?

遊戯王のルールについて議論があったので記事に。

皆さんはどう思われますか?

サイドラssに対してライオウの効果を使用。それに対して朱光を発動。さらにチェーンを重ね、虚無空間を発動した場合処理はどうなるかといったもの。

そこで疑問が一つ。
虚無空間の発動ができるのかといったもの。

召喚無効のタイミングでフリーチェーンが打てるのかと思って議論はこう着しました。

そこでひとつ思い出してほしいのが。王宮の弾圧というカード。

ここがライオウでなくて弾圧でも同じことですよね。弾圧全盛期を思い出すと疑問解決。なんだ、チェーンサイクできんじゃん!!

どうやら召喚無効の発動をきっかけにしてフリーチェーンは打てるようになるようです。このあたりはダメステとは違うのですね。

ここからしばらく議論が続いたのですが、結局のところ答えが出ないという結論で、コナミにかくにんしようということになりました。

チームメイトもメールも打ってくれたのですが一刻も早く知りたい! ということで、僕も電話連絡をしてみることにしました。

以下は該当する部分の僕のツイッターによるツイートです。正直、もう疲れてしまいました。。

でわ追記にて





  1. 遊戯王
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]
続きを読む


エタバト用デッキ ジャンコレビート

ジャンクコレクターを使ったビートダウン。エターナルバトルのカードプールに対応したものです。

シャインエンジェル
シャインエンジェル
カオス・ソルジャー -開闢の使者-
カオス・ソーサラー
異次元の女戦士
カードガンナー
カードガンナー
ネクロ・ガードナー
ネクロ・ガードナー
ダーク・アームド・ドラゴン
終末の騎士
終末の騎士
ライトロード・マジシャン ライラ
ライトロード・ハンター ライコウ
ライトロード・ハンター ライコウ
ゾンビキャリア
カオスエンドマスター
ライトロード・モンク エイリン
ジャンク・コレクター
ジャンク・コレクター
ジャンク・コレクター
BF-精鋭のゼピュロス

死者蘇生
大嵐
増援
名推理
名推理
神剣-フェニックスブレード
神剣-フェニックスブレード
D・D・R
D・D・R
D・D・R
光の援軍

リビングデッドの呼び声
リビングデッドの呼び声
リビングデッドの呼び声
マジカルシルクハット
マジカルシルクハット
マジカルシルクハット
激流葬
激流葬
異次元からの帰還
エレメンタルバースト
エレメンタルバースト
スターライト・ロード

A・O・J カタストル
大地の騎士ガイアナイト
大地の騎士ガイアナイト
ギガンテック・ファイター
スターダスト・ドラゴン
X-セイバー ウェイン
ブラック・ローズ・ドラゴン
アームズ・エイド
アーカナイト・マジシャン
パワー・ツール・ドラゴン
エンシェント・ホーリー・ワイバーン
A・O・J ディサイシブ・アームズ
氷結界の龍 トリシューラ
スクラップ・ドラゴン
TG ハイパー・ライブラリアン


各カードの役割や動き方については、ぼくが神と崇めているかたが解説及びレシピを書いているのでそちらを参照していただきたい。

http://blog.livedoor.jp/dogear222/archives/25318561.html#more
http://blog.livedoor.jp/dogear222/archives/25713244.html#more
http://blog.livedoor.jp/dogear222/archives/29039352.html#more

このデッキはジャンクコレクターというパワーカードを見せつつのカオスビートだというのがこの記事を読んでの僕なりの解釈。

ジャンコレは強いのですが、これにこだわりすぎるとここに確実に罠を当てられて爆死させられてしまう。オワコン(この言葉はぼくは好きではないのですがあえて使いますが)と化したCGIではデッキが知られているということがままあり、いわゆるわからん殺しというのが通用しなくなるタイミングが出てくるからです。

その解決策として選択したのがリビデDDR、あとは名推理であり、とにかくジャンコレのss手段を増やしたといったところ。ほかにも蘇生先は多く、中でもフェニブレとDDRの相性はかなり良く、戦士族限定版死者蘇生として働きます。

フェニブレ2の理由としては、引いても強いということと(カオスエンドが18か21打点まで上がるetc)また、ランダム肥しで落ちやすくなる(これによりシルクハットができない場合でもワンキルが比較的容易になります)こと、また、PTDを絡めたワンキルの場合での装備カードを確保するためといった理由があります。

オリジナルのレシピからの変更点とその採用理由について話します。

・エイリンの採用
個人的な一押しカード。フェニブレ対応のライトロードであり、増援援軍からサーチ対応。サーチ手段が豊富ということは必要な場面に取り出しやすいということで、とても強い。これ一枚で切り抜けられる状況がCGIの環境では何度かあり、シングル戦という性質上安定感をあげるための採用。

・終末2
ターン3でのワンキルの動きは美しいが、三枚のカードが必要で相手のバックがない前提のもので、それだけを狙いに行くものではないと判断。ワンキルパターンは存在することに意味があると考える。ぼく個人では終末は初動で強いというより、中盤以降で強いカードだと思う。序盤はランダム肥しを行いつつゲームプランを柔軟に立てていく。

・誘惑不採用
オリジナルに比べて光に寄せてある。誘惑で切るよりプレイしていったほうが強いと判断。

・ジャンコレ3
とにかく増やしたいカード。落ちても引いても強い。いや、引いたら弱い場面もあるけど。。墓地にあればリビデで蘇生して使え、除外にあればDDRから動ける。

・リビデ
手数を増やすカード。エンドリビデでのジャンコレの破壊力はすさまじく、エレメンタルバーストを除外することで、そのターンにセットしたカードを使わせずにがら空きの状態でターンをもらうことができます。サレンダーをもらうことも結構できます。

・DDR3
最強カード。これのおかげで前述した記事に書かれていないパターンでもワンキルが可能になります。ブレードとの相性はもちろんのこと、手札のバーストや帰還を切ってジャンコレを出すことによって、手札から罠を使う動きができます。

・名推理
強いカード。レシピを見ればわかるとおりある程度レベルがばらけています。ssが通りやすく、ゾンキャリと組むことでハンドの罠を確実に落としつつジャンコレをアドバンス召喚し、効果を通すトリッキーな動作を可能とします。

・カオスエンドマスター採用
このカードは文句なしに強い。ジャンコレを引っ張る動きはもちろんのこと、光戦士3チューナーというのが絶妙でワイバーンからのワンキルが可能です。ワンキルの七割くらいににこのカードが絡んでいるといっても過言ではありません。
  1. 遊戯王
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]
続きを読む


神光の宣告者 6 確率論

ぼくはあまり数字に強いほうではないので知り合いに計算を依頼しました。
やはり持つべきものはともだち。

このデッキはパーデクでないと仕方ない感あるので、この初手率がかなり重要になってきます。

マンジュ3
ソニバ2
高等3
パーデク3
準備3

打ち出2


打ち出を無視する場合
高等とパーデクが揃えばよい。

高等が引ける確率
高等となりうるカード
マンジュ、ソニバ、高等の合計8枚

1-32C6/40C6

パーデクが引ける確率
パーデクになりうるカード
マンジュ、パーデク、準備の合計9枚

1-31C6/40C6

積の法則より、二つの事象が同時に起こる確率は
(1-32C6/40C6)*(1-31C6/40C6)
となる
がしかし、マンジュとソニバの中から2枚以上引いてかつそれ以外を引かない場合は
通常召喚権の都合でパーデクが出せないので除外しなければならない。

マンジュとソニバの中から2枚以上引く確率
マンジュとソニバの中から1枚以上引く確率
マンジュとソニバの枚数が5枚なので
(1-35C6/40C6)
そこからマンジュとソニバを一枚だけ引く確率を引けばいい。
マンジュとソニバを一枚だけ引く確率は
(5/40)*6*(34C5)/(39C5)

従って
(1-35C6/40C6)-(5/40)*6*(34C5)/(39C5)となる

パーデク、準備、高等を引かない確率は
31C6/40C6

積の法則より

(31C6/40C6)*{(1-35C6/40C6)-(5/40)*6*(34C5)/(39C5)}

よって

(1-32C6/40C6)*(1-31C6/40C6)-[(31C6/40C6)*{(1-35C6/40C6)-(5/40)*6*(34C5)/(39C5)}]
が打ち出の小槌を考慮しない場合のパーデクの初手率である。

これを計算すると
(0.76)*(0.81)-[0.19*{0.58-0.36}]
=0.6156-0.0418
=0.57程度

57%程度となる。

57%程度であれば及第点なのかな? いや、もうちょっと初手率をあげたかったが、これ以上はやりすぎというものでしょう。

実は同じパーデク使いの方にアドバイスをもらう機会があり、まあいろいろと模索中です。

最強手に固執するあまりに視野が狭くなっていたのも事実でしょう。

しかし、とりあえずこの構築の素晴らしさは証明したい。

頑張ります。
  1. 遊戯王
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]
続きを読む


神光の宣告者 5

前回あげたレシピで公認に出てきました。

結果は2位でまずまずの結果といったところ。環境最初を優勝で飾りたかったです。

回し方を解説します。

まず、このデッキはパーデクを前提としたビートダウンであることは前回の記事に書いた通り。では具体的にどのような動きをするのかというと、これはもう実際に使うか相手にしてみるのが一番だと思うのですが、簡単な一言であらわすと、「パーデクリスM7」です。

!?

この布陣がパーデクにおける最大の布陣だと思われます。

勘のいい皆様ならとっくにお察しのことと思いますが一応召喚までの説明をしますと

・マンジュゴッド召喚、ここで高等orパーデクをサーチします。(ここはトレミスを出す場合はマンジュである必要がありますが、ソニックバードであっても十分な強い動きが可能です)

・高等発動、パーデク召喚(高等のコストはその時のハンドによって変わってきます、いろいろなパターンがあり、場合に応じて臨機応変な対応が必要になってきますが、基本的にハンドにトライワイトがある場合to
クリスがある場合に分かれます)
この時点で場はマンジュパーデクといった場になっているはずです。

ハンドにトライワイトゾーンがある場合)この場合落とすカードの候補は二通りあり、ラヴァー2雲玉1スピリット1の場合(これが基本です)とラヴァー1雲玉3スピリット1の場合(ハンドにサルベージがあり、かつ相手のデッキタイプから判断し、解決にサクリファイスを必要としない場合)を基本とします。その他バニラの素引き具合やその他の状況によって微調整は必要です。

 1 トライワイト発動、対象はラヴァー1雲玉1スピリット1
 2 雲とスピでシンクロフォーミュラワンドロー
 3 フォミュラヴァーシンクロエイド
 4 エイドマンジュエクシーズオメガ
 5 オメガにトレミスを重ねて完成です。
(6)ハンドにクリスがある場合はオメガにトレミスを重ねる前にマンジュを取り除いて効果を使用し、墓地天使を4に調整し、クリス効果で回収することもできます。

最終的な場としてはパーデクトレミスの構えでハンド4以上のスタートです。トライワイトは召喚権を使わないために、先行でこの動きが可能です。トレミスはこのターン回収効果を使うことはできませんが、次のターンから墓地からカードを回収するなりバウンスするなりが可能です。

ちなみにソニックバードではオメガは作れないため、4の手順の時点でほかの4エクシーズもしくは3の時点で8シンクロを行います。

基本的にパーデクの横に打点を立てることができれば相手の動きをほとんど封じることができます。立てる打点の候補は数種類ありますが相手のデッキタイプ、自分のハンドや墓地の状況、その日の気温、湿度など様々な情報を駆使してその時に応じた選択をするのがいいでしょう。

候補
トレミス 基本(ソニックバードではss不可)
ホープ でかつサクリファイスなどの対応策がある場合
ローチ 相手のデッキが1900以上のモンスターを召喚しないタイプでかつシンクロなどを多用する場合
パラディオス 相手の場に厄介な効果モンスターがいる場合(ソニックバードではss不可) 
閃光竜 相手が次のターンに打点を立ててくる恐れがある場合、またパーデクを維持するにはハンドが足りない場合など
トリシューラ 圧倒的なアドバンテージを取ることができる

他にもマンジュやソニバがいない場合は2まで行ったあとに2エクシーズやエイドパーデクを作ることが可能です。

ハンドにクリスティアがある場合)この場合の落とすカードはラヴァー2雲玉2の天使4枚セットとなります、もちろん微調整は必要ですが、最終的な墓地天使が4になれば完成です。

 1 クリスss墓地回収
 2 この説明必要なくね?

こんな感じで回していきます。

もちろん全部の試合でこんなきれいな動きができるというわけではありませんが、基本の動き、というより構築段階で求めている理想の手がこのようなものになります。

・サクリファイスについて
サクリはパーデク召喚後であれば儀式の準備一枚から召喚が可能です。これにより攻めあぐねて相手に結局突破を許してしまう状況を減らすこと、また、このデッキが苦手とするであろうヴェルズに対してメインから有利を取ることができるカードとなります。(たとえば先行オピオン反撥サーチからスタートしてきた相手に対し、サクリss、オピオン装備、儀式準備、パーデクといった手)

ほかにも状況に応じていろいろな動きが可能になるデッキです。

エクストラデッキは現時点でまだ確定ではなく調整中ではありますが、現時点では

聖光
ガチガチ
ローチ
パラディオス
ホープ
オメガ
トレミス
F1
クラウソラス
エイド
カタス
ライブラ
黒薔薇
閃光竜
トリシューラ

の15枚で調整中です。
他に候補があるとすればホープレイアルマデススクドラあたりです。ただ、こいつらは使用する状況が限定的であったりほかのカードで十分間に合うだろうと判断しました。
  1. 遊戯王
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]
続きを読む

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>

事故哨戒

EVE

Author:EVE
自分でも自分がわからないのに他人に紹介とか無茶振りもいいとこ。
とりあえず記事読んだらわかるかもよ?
↑こんな人です(
二つ名募集中。いや、要らないか

カウンターパンチ

Japanese→English

なんかすごいの

現在時刻





総記事数:




« 2017 09  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。