日記とか愚痴とか恨み言とかetc なんか、いろいろと迷走中。

トラウマライダー



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]


検索キーワードとか

遊戯王 札幌CS スタッフ 酷い

一件ヒットしてました。

なにがあったのでしょう。

と、とりあえず

お大事にー
  1. 徒然
  2. / trackback:0
  3. / comment:1
  4. [ edit ]
続きを読む
スポンサーサイト


大団円?

終わりよければすべてよし? ふざけるな。過程が大事だろ過程が。

元気な男の子がうまれました。旦那は浮気で失踪中。レイプでできた子供です。みたいな。過程も家庭も終わってます。

意味がわかりません。

とにかく、最終的にどんな結果になってみんながてをとりあってよろこんだとしても、事実は消えない。逆にどうしてみんながなかよしこよしかわからない。理解に苦しむ。気持ちが悪いくらいだ。

忘れているのか許しているのか。許しているのかのならいい。忘れているのならばそれはまたふとしたきっかけで亀裂としてよみがえる。黄泉ガエル。亀裂が割れたときに多分衝撃は来る。最初から離れてたのならこないものだ。

ぼく自身、結構いい意味で忘れっぽくて、あんまりねにもつタイプじゃない。いやマジで←

でも、馬があわないやつとは喧嘩? したりなかよくなったりの繰り返し。めんどくさい。

めんどくさいならば切っちゃえばいいのに切らないのは未練? いや、そんな深い付き合いじゃない。多分喧嘩しっぱなしだと、めんどくさいから。めんどくさいからずるずるずるずる付き合う。喧嘩するのはほんとに必要な相手だけ。文句言うのは相手のことを思っているから。
  1. 未分類
  2. / trackback:0
  3. / comment:1
  4. [ edit ]
続きを読む


トイレの紙様

先程トイレに行って思ったのですが、男子トイレのウォシュレットにビデ洗浄のある意味がわかりません。

連れ込めっていうこと?

そんなわけないですね。

メーカー側が製品を作る際に規格を統一したほうが効率がいいのでしょうね、多分。量産してコストも安くなるんでしょうね。

尻をくそまみれにしながらこんな自問自答をしてました。
  1. 未分類
  2. / trackback:0
  3. / comment:2
  4. [ edit ]
続きを読む


逃げ愚痴

人に愚痴をいうときは少しだけでも考えてほしい。

先生や上司の悪口ならいい。仲間の悪口とかは控えたほうがいい。なんというか、信用できなくなる。そのときはわらっててもあとから、こいつかげで悪口いうやつだなみたいな。そういう印象が残る。誰彼構わず適当なこといってるんだろうな。底が見える。

十中八九自分のこともあることないこと言ってる。そんな疑いを持ちながら一緒に何かしたいとは思えない。

なににあっても射撃線はしっかり定めたほうがよさそうです。フィンガーストレートも意識していきたいですね。

あと、きついからといって自分だけがきついっていう考えはやめた方がいいかもしれません。みんながみんなってわけでもないのだろうけど、大抵の人は頑張ってる。程度の違いはあるだろうがそれは事実だろう。

自分がきつい=誰かが楽をしている。じゃあ自分が楽をしよう。そういう浅はかな考えは捨ててほしいものです。他人の努力ほど見えないものなんです。ましてや自分がつらいときほどそんなものはわからないのはある意味仕方のないこと。でも、だからこそ、そこで自分が楽をしようとするとだれかにその負担を押し付けていることにならないか。自分がきつい=誰かが楽をしている。それが成り立つならば逆もまた然りなのだ。自分が楽をしている=誰かがきつい。

サボっている人ほど目立つもの。もし、楽をしようとしてなにも言われなかったら、それはただ見捨てられているだけ。最低だ。

ただ、頑張ってる人も見てくれているひとがいるんです。絶対にいるんです。やっぱり頑張ってる人ってカッコいいから、雰囲気とか空気感でなんとなくわかるんです。

ぼくはカッコいい人になりたい。カッコいい空気を纏いたい。

だから愚痴はブログのなかだけに←
  1. 未分類
  2. / trackback:0
  3. / comment:2
  4. [ edit ]
続きを読む


和菓子と我が師

久々に和菓子を食べました。

べつにそんな本格的なやつじゃなく、ローソンさまで購入した和半生ミックスってやつ。298。

なかなかおいしくてびっくり。正直時間なくて適当にぶっこんだやつだったんで←口のなかの水分を大半持っていかれるのが欠点だけど。

まぁ、和菓子といえばお墓参りの記憶があります。

正直当時はお墓参りとかそういうの、たいしてかんがえてなくて、ただおばあちゃん家に遊びにいったついでのただの行事。家族サービスみたいな。そんなかんじ。子供ながらに結構さめてた、、いや、子供ならではなのかな、そういうのは。子供はずるいね。知らないふりが許される。

脱線。

ああいう安っぽいかんじ。大好きです。からだにはよくないんだろうけど、心にはいい。
  1. 徒然
  2. / trackback:0
  3. / comment:1
  4. [ edit ]
続きを読む


丁寧泥濘

責任とか外聞とかいろいろ全部投げ出したい。

肩の重荷を下ろしたい。

そんな願望は常にあります。

ただ、投げ出すことに、ぼくは耐えられないんだろうなぁ。そんなかんじ。

自分がやらなくても、別の誰かがいまのぼくのポストにちゃっかり座りなにごともなかったかのように物事はすすんでいく。

それはぼくがいなかったのと同じだ。いままでしてきたことが嘘になる。そんな気がする。

投げ出してしまえばゼロになる。最初からやらなくてももちろんゼロだ。ただ、最後までやってもゼロなのかもしれない。わからない。

とにかくなにかやってるときは、なにかを目指してる間は確実になにかを見ていられるから。たとえ報われなくてもなにかをすることは続けていきたい。

泥まみれになりながら足掻いて。

力尽きて、泥濘に沈んでゼロになるのも。

それを見て誰かのまた足掻くきっかけになれば悪くない。
  1. 徒然
  2. / trackback:0
  3. / comment:1
  4. [ edit ]
続きを読む


ハメ殺し

どうやらえっちい意味はないそうです。
  1. 徒然
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


come on demon

鬼門

鬼門ってのはよくない結果を招きやすい事項のことをいって、本来は陰陽道で鬼が来たりとかするらしいね

鬼が来たりといえば、古文あたりであったね

をにがきたりて帰るんだっけか。

、、、忘れたけど。

まぁいろいろあるらしいから気になったらググっちゃえばいんでね?

まーた脱線してしまいましたね。

結局のところなにがいいたいかというと、

鬼がそんなに怖いかね。

鬼が来るなら倒せばいい。

鬼門があるなら、あるとわかっているのならば、それに備えることもできるのではないか。

もちろん逃げることも選択のひとつ。

しかし、逃げたところで鬼がいなくなるわけではないのだから、

いつかは立ち向かわなければいけないのだから、

鬼門に踏み込んで鬼をぶん殴りにいくっていう選択もあるのではないか。

そんなことを、考えています。
  1. 未分類
  2. / trackback:0
  3. / comment:1
  4. [ edit ]
続きを読む


目標と酷評

目標っていうのはつまり、

よくもわるくも現時点で自分がその状態にないってことで、

低すぎる目標は

その人間の価値を落としてる。

ってなんとなく

感じた
  1. 徒然
  2. / trackback:0
  3. / comment:3
  4. [ edit ]
続きを読む


シュレディンガーの(びっくり)箱

今日は放置してたシュレディンガーの猫についての蛇足を少しだけ。本文は時間のあるときにちゃんと書きたいので。

では、蛇足の本文は以下に~←


シュレディンガーの猫という話があります。

箱の中の猫が生きているかどうかという有名な思考実験ですね。

すごく簡単に言ってしまえばコップの中のサイコロ。これが丁か半かみたいな。箱のなかの猫は外側から観測できない。コップのなかのサイコロも一緒。観測できちゃったらギャンブルが成立しないもんね。

ところでみなさん丁と半の由来って知ってます?

実はこれ、知らない人多いけど、考えてみたら納得みたいな。

これを覚えて自慢して、友達(ライバル)に差をつけろ!

つまり、丁か半か。これ、なにかに似ていませんか?

数学とか論理とか、そういうのかじってたら、ちょっとわかるかも。英語もかな。

丁字路という言葉があります。T字路という言葉もあります。二つは同義。

x+z=y+z
x=y

無理矢理ですけど証明できます。

じゃあ半はどうなのか。

半に似てる文字はFですね。誰がなんと言おうとそうなのです。実際そうなのだし、僕に文句を言ってもしょうがない。

さっきのように無理矢理証明しようとしたら、

半=half いまの季節は衣替えも終わり初夏です。春はもう過ぎてしまったので春ではありません。
つまり春halを引きます。

半=half-hal

つまり丁半はTFを語源とした言葉なのです。

TFといってもタッグフォースのことではありません。

TRUEとFALSE。正か非か。英語の○×問題やなんかで見たことあるでしょ?
つまり丁半ってのはこういういみ。かういう言葉とともに日本に伝わってきたんだね。

勉強になったでしょ?
  1. 徒然
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]
続きを読む


できる人できない人

人間には二種類のタイプがいます

できる人と、できない人。

今回は、そんなお話。

なんか、ひとを指導するのって難しいね。ひとにものを教える立場になってこの歳になってはじめてそう感じた

今回の記事は少しだけ説教臭くなるかも。ってかいつもどーりだけど(笑)まかり間違ってなにかの参考になってくれれば幸いっす。指導する側もされる側も。

自分は自分で言うのもおかしな話だけどできる人の部類に入れてもいいと思う。

少なくとも与えられた仕事についてはしっかりやるし、やらければならないことはしっかりやる。。

自分でこういうこと言うやつほど信じられないものだけど、少なくとも自分ではできてるつもり。言っても、自分から進んでなにかしようみたいなそういうリーダーシップとる人間でもないし小さなミスもあるんだけれど。

ところで、できる人とできない人の違いはなんなんだろうか。

頭の悪さだろうか。

いや、違う。多分、勉強ができるやつにもそういうやつはいる。いや、ぼくの見てきた中でもいくらでもいる。

僕が思うに、多分冷静さだ。
テンパる、ミスる、更にテンパる、更にミスるっていう悪循環。バイト時代も今も、そういう人を何人も見てきた。

なぜそういうことが起きるのかっていうと、多分経験不足から来る自信の無さ。大抵はこれに尽きる。

できる人の話を聞いてみるとこれがなかなか面白い。人生経験が豊富で、これまでの人生で、様々な、時には信じられないようなことを経験してきている。それが彼らの自信につながっているように思える。

できない人はどうだろうか。
僕ができない人に説教というかそういうときに話を聞くそんなときにまず聞くのが、バイトの経験の有無だ。そして部活も。

僕はバイトの経験はあるし部活も一応11年間運動部をやっていたので上下関係やら一般常識やらいろいろ学ばせてもらうことができた。それが自信となり武器となっているように今では思う。

自分もバイトをやりはじめのころなんかはいろいろと苦労した。いままでの常識が通用しないのだ。

高校まで部活一直線みたいな生活をしていてバイトなんてしていなかったし、頭も悪い方ではなかったって自分でいっちゃうんですかぼくは!? まあそんなカンジでバイトもそういう風にうまくいくもんだと勝手に考えていた。舐めていたと言ってもいい。

しかし結果は散々たるものだった。

どうせなら将来に役立つ仕事をやってみようなんて甘い考えで特殊なバイトを選んだせいか、なにをすべきかわからず、ただただ孤立し、忙しく動き回るバイトの同僚のなかで、ぼくは立ち尽くしていた。

ブザマだった。

自分が情けなくって涙が出た。

辞めたいっていう気持ちと、絶対認められてやるっていう気持ちとがごっちゃになった

とにかくバイトの数を増やした。自分から積極的に仕事をもらい、ときには奪い(笑)バイトの先輩に顔を覚えてもらうことから始めた。

ある程度回数をこなすといろんなことが見えてきた。周囲を見渡す余裕ができた。PCも買った←

脱線。

できない人に話を聞くと、バイトの経験がなかったり若しくは部活に入ってなかったり。そういう人が多いような気がする。バイトしててもチェーン店とか単純作業だったりとか。

できない人っていうのは視野が狭い。周囲の状況、一手二手先のこと、そういうことが見えてなく、言われたことを一生懸命やろうとする。それも一人で。

回りが見えていないから状況が見えない。見えないからわからない。わからないからできない。

わからないのならなら聞けばいい。できないのなら手伝ってもらう。そんなこともわからないほどに見えていない。

見えていないひとに仕事を任せる気にはとてもなれない。だから仕事もない。経験も積めない。終わってる。

昔のぼくがそうだったからよくわかる。

ぼくが指導しようとするとき、意地悪だけど教えない。そういう手段をとるときがある。

自分がどの程度できるのか(できないのか)を自覚させるため。できない人がいてそれにあれこれ手出し口出しして最終的にできても、それはその人ができたっていうことにはならない。ような気がする。たんなるお節介だ。

まず、やらせて、

・疑問点を明確にさせる。

・失敗したなら反省させる。

・尻拭いはする

・助けを求められたら最小限の介入まはする。

そういった姿勢が必要なのではないかと思う。

そのためには大前提として、自分ができていなければならない。

仕事を任せることと仕事を押し付けることの区別ははっきりしていきたいですね。

たとえば、共同生活を送る上での雑用なんか、そういったものをだれかがやらなくてはならないとき、身分の低いっていうか、たとえば先輩と後輩なら後輩がやるっていうのは当たり前の話。

でも、バイトや部活なんかをやっていなかった人なんかはそういうことがわからない。上下関係もわからないボンクラなのだ。敬語なんかもできない場合が多い。

はっきり言ってクソだ。

でも、昔は自分もクソだったってことを忘れてはいけない。少なくともぼくは昔はクソでした。
クソからゴミくらいになんとか体裁を整えたっていう、そういうレベル。まだまだひとにものを教えるレベルじゃない。

でも、立場上そうしているだけだ。でもやるからにはしっかりやる。思えば自分も指導する立場になってずいぶん成長したように思える。

ぼくが高校時代陸上部の部長を先輩から引き継ぐときに教えてもらったことのなかに「後輩に弱い部分を見せない」っていうのがあって、なかなかそれを気に入っている。

尊敬してもらおう善き見本であろう。そんなカンジ。少なくともだれだってできない人に教えてもらいたくはない。

だから演じてでも、できる人を自称するほど恥ずかしいことはないけどできる人になろうって、そう決めた。背伸びをしよう、虎の威を借ろう。

自分にプレッシャーをかけるのだ。

とにかくそういうかんじで指導しています。


なにがいいたいのかっていうと、考えてみて欲しいだけ。だれもが一度はぶち当たる壁だと思うから。指導する側にせよされる側にせよ。

ぼくも、いまはえらそーに指導なんてしてるが立場が変われば指導される側になる。

いわば頭の整理。

結論とかそういう答えはない。問題提起の丸投げ。

あとは関連のありそうな事項を挙げておく。

・できないのかやらないのかをはっきりさせる。
能力的にできないのかめんどくさいからやらないのか。この二つは全く別物。

・言ってわからないことについて手が出るのは本当に危ないときだけ。
手を出さないと本当に危ない場合がある。ただ、口出しですむ場合はそれに越したことはない。

・口を出す場合もなるべく感情的にならない。柔らかい口調てさりげなく。
怒られると萎縮して余計混乱してしまう場合があることに注意。


みなさんも、こういう場合があったよ、ここは違うんじゃないかなみたいなこと、お前が言うなみたいな文句。そういったものがあったらぜひコメントしてみてください。

この記事は自分の主観でしか書いていないので、ぼく自身、まだまだ勉強が足りないのです。いろんなひとの意見を聞いて参考にしていきたいです。
  1. 徒然
  2. / trackback:0
  3. / comment:1
  4. [ edit ]
続きを読む


むずかしい。。

なかなかどうしてブログってのは難しい。

先日強行してリンクさせていただいたきょーこoさまのように文章を短くまとめる特殊能力?があればいいのに残念ながらそんなものは持ち合わせておらず、ただただつらつらつらつらだらだらと、意味もなく内容もなく、毒にも薬にもならない文章を書いては公開したことを後悔するみたいな日々。

ちなみに非公開の記事は公開している記事より多分多いです。数えてないからわかんないけど多分。

なぜ短くまとめる能力が欠如してるかっていうと、寄り道が大好きな放浪癖があるんでしょうね。

最近自分が方向音痴ではなく寄り道しまくったあげくに道を見失うみたいなパターンが多いだけっていうことに気付きはじめてきました。

短くまとめるってのは切り捨てることだ←

それに短くすると、笑えない部分も多く回りくどくして言葉のオブラートにくるんでいるっていう深読みも一向に構いません。

さて、このブログ、ぼくの人望がやばすぎて逆にアクセス数もコメントもめっちゃ少なくって、相互リンク募集中どえす。

いまなら簡単な書類審査と面接、あと登録料を支払うだけで簡単にリンクできます嘘ですリンクしたいかたはコメントでもメールでもなんでも、言ってくれればリンク致します。

あと、コメントもできればいっぱいして欲しいです。

一人だとどうしても鬱っぽくなってくんで、はげましのおたより、ほしいなぁ。

結構ガチで更新頻度とかにも関わります(笑)あとアクセス数とかも気にしちゃうくらい人間ちっちゃいんで←

ブログの可能性について、いろいろと模索していきたい。
  1. 徒然
  2. / trackback:0
  3. / comment:2
  4. [ edit ]
続きを読む

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

事故哨戒

EVE

Author:EVE
自分でも自分がわからないのに他人に紹介とか無茶振りもいいとこ。
とりあえず記事読んだらわかるかもよ?
↑こんな人です(
二つ名募集中。いや、要らないか

カウンターパンチ

Japanese→English

なんかすごいの

現在時刻





総記事数:




« 2011 06  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。