日記とか愚痴とか恨み言とかetc なんか、いろいろと迷走中。

トラウマライダー



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]


箱ドット

真希波 箱ドット

久しぶりにお絵かきしてみました。ドット絵なので打ったって表現が正しいのかな。

流行りの箱ドットっていうやつです。

実はコレ、自分で打ったものです。

パワプロクンとかも作りましたけど、あまりに想像通りというかなんというか、面白みに欠けるので晒しません。元々ドット絵だし!

眠いです。
  1. 写真
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]
続きを読む
スポンサーサイト


からおけ

昨日、高校時代の友達とカラオケ行ってきました。

たのしかったー。

まあ、そんなこと言ってても面白くないんで、詳しく内容掘り下げていきましょう。

実は二週間くらい前もカラオケ行ってたんですね。

翌日から忙しかったんで記事にはできませんでしたがそちらも楽しかった。

その時のメンバーはかなり異色で店員の女の子(当然ナンパした)もビックリしてたんじゃないかな。

爽やか系イケメン(ぼく)と中学生(しょた)とおっさん(?)二人でしたからね。

仕事もそれぞれ全然違うし、ドラクエでいったらけっこうバランスのいいパーティーになるんじゃないでしょうかね。フェムトさんは未だに職業教えてくれないけど(笑)悪いこととか、してませんよね? あと、トークンさんは女の子紹介してください。合コンしましょう。いや、結構ガチで、切実に。出会いがないんで。

さてさて、カラオケに行った経緯はといいますと、まあ久々に開放の遊戯の大会出て、なつかしいメンバー結構いて、まあ全盛期の人とかは結構減ってしまってて寂しいんですが。。で、フェムト兄さんとなんかご飯食べに行こうってなって。

で二人だと寂しいし、なんかもう、殴り合いになりそうだったので誰か仲裁してくれる人ほしいなーってなって。ってかリアルファイトはいつやりましょうかね? 夏になったら川のところの公園でスデゴロ?

で、おごってくれるならっていう条件でつるくん(しょた)がついてきて。

で、何食いたい?ってきいてもなんでもいいみたいな感じだったのでカラオケでいいやみたいな。俺のクソ下手なヴぉいすでも食らってろ!

で、お金がないっていう理由で断ったトークンさんは俺がおごるっていう条件で強制連行。断り方考えんといかんよ。それじゃお金があれば行くってことだから。

あとの奴らはクソの山でした。ノリ悪いです。

言い忘れてましたけれど大会のほうは3-1-1でした鳥栖ってなければ4-1だったのですが、ぶっちゃけ忙しいんで選考会とか願い下げです。過労します。てか休み取れません。まあクソみたいな奴らには引き分けなんか絶対に譲りませんが。

何事も人間を見てやります。

さて、でカラオケ行くって決めたときに先ず開放の店員に声かけて一緒にカラオケ行きません?って。

まあ仕事中なんでって断られましたが。じゃあ終わったら来てくださいねーってさよならしてコンビニへ。

食糧買って(僕のおごり)レジで店員にカラオケ行きましょうって。いま思えばマジキチですね。仕事ry終わったらry

でカラオケ屋さんでも店員にry仕事ry暇になったらry

三人にナンパまがいのことしました。ナンパグランド花月って呼んでください。

基本的に僕はおんちんこです。。高校時代などはお前のカラオケはオ○ナニーだって常々言われてました。ちょっとは上手くなったかなー。。

で、まず僕がハネウマあたり歌います。

フェムト兄やんが洋楽歌います。

で、僕がワンモアタイム歌って、

フェム兄が洋楽歌います。

あれ? あとの二人はシャイボーイでした。。

俺なんてこんなオンチンコなのに醜態晒してるのに。。公開オナニ○ーも同然。

人が歌ってるときに死んだ目で携帯弄るな!頼むから!

さて、兄やんの曲は僕にもわかりませんでした。なんかふぁっきんさのばびっち的なロックはびんびん伝わってきましたが。

で、そんなこんなで終わりです。楽しかったー

で、昨日のカラオケは一昨日の昼にすすきのでデリバリーのお仕事(!?)をしている友達に電話をしたら速攻切られて、ぶちぎれて電話かけまくってやったら仕事中でした。てへ

で、そんなこんなで今日仕事八時に上がるけど遊べる?ってなって、いけるいける余裕余裕なって、で、八時に札駅集合。そいつの車に乗せてもらって、

あー。免許俺もとんなきゃなー。

で、野郎二人はさすがにダサいし臭いからナンパしようって俺が言ったんだけど。そいつは風俗行こうとか言いだして、行きたいには山々だけど久々の再会で風俗ってどうよ。てか玄人とやるのはまだ怖いし抵抗あります。しばらく見ないうちに彼は汚れてしまっていました。

さてはて。結局電話かけまくろうってなって。

いやがる友達を無理やりごり押しで二人ゲッチューして(金がないとかそういう理由を潰してあげれば断る理由がなくなるんです)

で深夜12時カラオケスタート!!

六時まで踊り続けました。

で、いまに至ると。

デリバリーの友達は三時からお仕事です。

ブラック企業怖い。。
  1. 徒然
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]
続きを読む


いつそやの続き

さてはて、どこまで話したかな、旋風を使い始めるところからかな、

サクリにはやっぱり限界はあって、砂塵が流行りだしたりしてもうにっちもさっちもいかなくなって、それでもやっぱり限界はあって、いろいろプライド捨てて人にアドバイス求めたりして、それで開き直った結果バイキングビートなんてデッキができたのですが、、あれはあれで面白いコンセプトで大好きですけど、サクリがサイドアウトとか基本中の基本なので。初戦でサクリ見せて警戒させておきながらその裏をかくというのですかね、とにかくそんなきちがいじみたことをやっていました。心理戦が得意なので。

で、ですよ。

たまたま偶然旋風のパーツが揃ってしまったのですよ。どうしてだっけ、まぁ、とにかく揃ってしまったので作ろうってなって、作ったから大会出ようってなって、ぁ、それまでは他にも割とデッキは持ってたけどやっぱり大会はサクリもといバイキングビートで出てました。

やっぱりあの時期いろいろストレス藻溜まってて勝てないと見下されるみたいな脅迫観念みたいなの?

なまじ遊戯王を理解してきただけにちょっときつかった。勝てない奴が何を言ってもなにいってんだこいつみたいになってしまうという勘違い。

実際はそうではなくて楽しんだもの勝ちなのですがね。

そのときはそんな勘違いをしていました。

で、大会。

どっかの店舗の非公認でしたかね。

まぁ、一落ちでした。

マスドラガエルでしたかね。ワンキル二発食らったような。

精神的にきつかったです。慣れないデッキ使ったからというのもあるのでしょうが、やはりプライド捨てた挙げ句これかよみたいな。うん。

でもそこでようやく気づくわけです。

自分は弱いっていう簡単な事実。

いままでは無意識のうちにそれをトリックプレーだ心理戦だなんだとのらりくらりとごまかし続けていたことに。

ちょっとだけ、落ち込みました。

でも気づいてしまったからにはサクリに戻るのはやっぱり逃げだと思ったのです。逃げちゃ駄目だ逃げちゃ駄目だ逃げちゃ駄目だとか思ったんです。

でもやっぱりぼくは弱くて、駄目なんです。センスありませんでした。せいぜい地雷回すくらいが関の山。ただの糞の山でした。

まあ、そんな失意のどん底で見つけたのがパワーカードのパーデクなんですがね。

そのころはまだそんな強い強い言われてなくて、まあ発売当初から騒がれてはいたんですが。やれみのりんだ世界一だみたいなことはなかったんですね。

この辺は話せば長くなってしまうので、パーデクについての記事はまた後日。実は新構築でパーデク復権を狙ってます。

みのりんさんの構築は世界大会まで巧妙に隠されていたしまあ見たいとは思いましたが別に真似するつもりもなかったので我流の構築で頑張ってました。

で、大きな大会でも結果を残せるようにもなって、公認でも基本優勝。

で、謎の機関に拉致られていまに至ります。

あ、あと環境変わってパーデクは死にました。
  1. 未分類
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]
続きを読む


好き嫌い

ぼくは好き嫌いが激しい人間です。

好きな物はすき、嫌いな物はきらい。

同時に

すきな者は好き、嫌いな者はきらい。

そういう人間です。

好きな人はその人の全てを手放しで肯定しますし、嫌いな人はあらさがしをして、ほらやっぱりこの人は嫌いだ。ってなります。それはいけないことだってわかっていますし、直そうと努力はしています。でも、やはり主観的なことなので、これはどうしようもないです。つまり、最終的にはその人ではなくてそんな自分が嫌いなのです。

同時に、すきなひとが使っているものは自分も使いたくなります。ファッションしかり音楽しかり、ぼくはまず人から入ります。

すきなひとのファッションを真似てみたり、まぁ、あまり露骨にやるのもあれなので、ワンポイントとかでやります。まぁ、そういうのはだいたい流行りのものとかだからばれません。ばれたらすごく恥ずかしいですよね、きっと、

めいがらにしてもそうです。クールはバイト時代にめちゃくちゃ仕事ができてかっこよくていろいろ教えてもらって、すごく尊敬していた先輩が愛用していたものです。先輩は8ミリだったのでぼくは5ミリです(笑)

形から入ることってわるいことじゃないはず。

それがほんとに好きかどうかなんてあとからついてくるもの。きっかけさえあればなんだってそれなりにいくらでも好きになれるものだと思います。

逆もまたしかりで、ぼくのきらいな人は高確率でマイセンです。

だからマイセンは大嫌いです。ぼくは、そのひとたちの全てが許せないので。手放しで大嫌いです。

吐き気がします。

しかしそれは嫌う理由になるのでしょうか。

好き嫌いってすごくアンバランスなもので結局のところ単なる感情です。嫌いな人がたとえばぼくのためになにかしてくれたとして、それに対しては(その人に対してもですが)感謝するのが筋ってもんです。ただ、感情としてはそうもいかない。

なにをいまさらとかそういう気持ちが付きまといます。信頼を取り戻すことは難しいのです。つまりもう、この時点でその人のことなんてこれっぽっちも信頼などしていないのだから。

しかし、自分が嫌いということは相手も自分を嫌っているのでしょう。そういうことなのでしょう。

ぼくはこういった性格をしているのでいろいろあるんです。敵は多いし味方はすくない。孤立無援で孤軍奮闘。

ただ、嫌いなものは嫌いなのです。
  1. 未分類
  2. / trackback:0
  3. / comment:2
  4. [ edit ]
続きを読む


考え過ぎ

次回で続きって書いちゃったけれどちょっと思うところがあってぶっちぎって別のこと書いちゃいます。

タイトルの通りのこと、よく言われます(言われました)。

少なくとも、なにも考えないよりはいいかと思っています。

でも適度に考えることよりは劣ると思います。(日本語おかしいですね(笑))

それは決断力。

あんまり考えてたらタイミングを逃します(遊戯王的な意味のいわゆる任意効果の話ではなしに)(遊戯王でも三分間の話はありますがそれともまた違います)。

完璧主義者ってよく言われます。

なんでも完璧じゃないといやだみたいな。

それってつまり現状に満足できていないだけ。我儘なんですね。駄々っ子と同じ。

完璧なんてありえない(少なくとも僕の知る限りでは)のだからある程度までいったらあとは全然進みません。ただの不毛な作業。

学校の課題なんかでは締め切り直前まで粘った挙句に最終的に締め切りをぶっちぎったりなんか、よくしてた。

自分はまだまだこんなもんじゃないぞーって無駄に燃えて、教師(大人)を出し抜いてやろうってよく考えてた。

自分は他人とは違うぞーって吼えてた。子供の叫び。

まあ上手いこといったこともあるにはあるけど(前人未到のA三重○とかね)結局自分の実力の程を知って諦めてみたり。(粘りに粘って提出しなかった課題もいくつか((笑)))

まあ子供なんてそんなもんです。

ある程度大人になって(身の程を知って)やったことは最初っからやらないってこと。

終わらない(完成しない)なら始めない。

そんなスタンスを取っていました。

はっきり言ってまだまだ子供。クソガキの理論です。まだまだ駄々っ子の域を出ない。


それから、大人になって気づいたことは、

やらなきゃならないことがあるっていうこと。

てか、大人になってって、気づくのが遅すぎな気もしますがまあ(笑)(実際のところ自分はまだ本当の意味でわかってなどいないのかもしれませんが)

求められるものは、期待された(あるいはそれ以上の)ことをすること。

そこにはもちろん締め切りだってあるし期待された完成度だってある。いままでのような自己満足では通用しない。(それが通用しちゃう人のことを天才とか言うのでしょうけど)

自分は変わってるってよく言われる。(いい意味でも悪い意味でも。)

それは自分が他人とは違う特別だっていう誇りでもあり、

いわゆる変わってない人に合わせてないっていうだけのことでもあるのかもしれない。

それが最近思ったこと。

折り合いは大事。でも折れてはいけない。

自分以外のすべてをへし折ってやるって気概が、案外必要なのかも。

世間は子供だって笑うかも知れないけれど、せめて自分くらいは自分を信じてやらなきゃって。昔自分が言った言葉に励まされながら。
  1. 未分類
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]
続きを読む


何を思うか 遊戯王

僕にとって遊戯王って?

むかしはお金のかからない趣味。

いまはお金を使う方法。



なんか誰かが言ってたけど遊戯王って結局のところ運ゲー。

僕が勝てるのは(勝てていたのは)結局のところ運でしかなくある程度勝てたからそれなりに慕われて(いたように思う)好き放題出来た。

いまは違う。

遊戯王に使える(費やせる)時間が減ってやりたいことができない。インスピレーションを形にできない。時間の無駄だと思ってしまう。損得勘定の天秤にかけてしまう。

むかしの自分は遊戯王はカードゲームなんかじゃなく(友達のいない自分にとっての)コミュニケーションツールだって豪語していた。大切なのは勝ち負け(結果)ではなくいかに楽しめるか(過程)だって。

だからサクリファイス(地雷)を回して遊んでいて結果二位とか三位でも嬉しくて、BFとか(環境)に勝った時は素直嬉しかった。

一位とかの人とかは素直に素直に尊敬してたしね。




なーんてね。




それは詭弁。


そのときの僕は遊戯王に対して真摯に取り組んでいなかった。どこかで言い訳をする余裕を残していたかった。これは負けても仕方がない。だってこっちは地雷なんだから。勝てる試合を拾って、勝てない(これも本当に勝てなかったのか怪しいものだが)試合は捨てて、勝ったときに相手を見下して優越感に浸る。

それが上手い(美味い)やり方。だと思っていた。

そもそも、同じ土俵に立っていなかった。


ある時、それに気づいた僕は自分に失望した。

それに気づいたのは多分気まぐれに開放倉庫に来たsyeruさんとの試合で、なんか壁みたいなもの? そんなものが見えた、ような気がしたから。

向こうは真剣勝負で真っ向勝負。退路はない。

僕はただの遊びで冷やかしだった。常に逃げ道(自分への言い訳)を用意している。

そんな世界に憧れた。

自分も戦いたいって思った。

でもそれはそれまで浸っていたぬるま湯から上がらなければいけないということ。

いい訳を捨てて遊びじゃなくって勝負の世界で戦いたいって思った。




そんなこんなで僕はBFなんかを使い始めることになるのだが、次回に続きます。

続きで言い訳←
  1. 未分類
  2. / trackback:0
  3. / comment:2
  4. [ edit ]
続きを読む

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

事故哨戒

EVE

Author:EVE
自分でも自分がわからないのに他人に紹介とか無茶振りもいいとこ。
とりあえず記事読んだらわかるかもよ?
↑こんな人です(
二つ名募集中。いや、要らないか

カウンターパンチ

Japanese→English

なんかすごいの

現在時刻





総記事数:




« 2012 03  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。