• 2017_04
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_06

日記とか愚痴とか恨み言とかetc なんか、いろいろと迷走中。

トラウマライダー



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]


シーソーゲーム

どこまで話しましたっけ?←

ああ、カゴをぶちまける作戦がおっぱいじゃなくってしっぱいしたあたりですね。あっぱいしましたね。。お金もイっぱいつかったのにね。

まあ、ここで前回張った伏線の登場です。前回の記事を読み返してもらいたい。

そう。

たこ焼き機は本来プライズが落ちるところを塞いで設置されているのです。

ここで前にブックオフで立ち読みした漫画を思い出します。賭博なんちゃらカイジ。

パチンコの話です。

そこで主人公カイジは一回目の磁ビール作戦がしっぱいしても諦めずもう一つの作戦を実行に移しました。諦めないこと。それが主人公の第一条件。なのかな?

まあとにかくさっきの作戦が失敗するかもいれないと考えた時点でもうすでに次の手は考えてました。二割っていうのはさすがに希望を託すにはきついですもんね。

そこでですよ。

カイジくんはパチンコでなにをやったか。

傾けた?いや、まあたしかにそうなんだけれど、もうちょっと現実的に。

そうです。物量戦で玉の排出口を塞いでましたね。

今回の筐体に付け入る隙があるとすれば二つ。

・玉の排出口が塞がれる形でたこ焼き機が設置されていること。(まあもちろんたこ焼き機で穴がふさがっているわけではなくそのしたに板が設置される形でね)

・玉がピンポン球であること。

なるほどなるほど。

賢明な皆様であればもうお気づきでしょう。

物量戦です。

数の暴力ではなく、金の暴力で黙らせます。

こういうお店はずるいんです。

まず、一等は入りにくい場所にあります。ぼくの見たてでは普通に落としたのでは偶然でも一等はむりでしょう。それに加えて台は店側が握っています。実は、これはとても大きい要素。店は好きなタイミングで台をリセットし継続させない。これは沼でいうと、ためられているお金を毎回ゼロにするのと同義・・・ではないにせよ、うん。全然ん違うけどけっこうひどいことだと思う。うん。。。

あと子供相手の商売なのでやっぱりお金がないので継続されないっていうのもありますね。

景品だっていつからおいてあるものやら。

ということで、

潰す・・・!

ふむ。まずは下準備です。

・お店の両替機を空にします

・空になってしまったので近くにいた子供にレジで両替してもらいます。準備が終わるまで店側に気どられないように。なるべく慎重に。複数に分けてレジへ行かせます。

軍資金を確保したあたりで物量戦のスタートです。

何回かやったあたりでまかり間違って三等に玉が入ってしまいます。

そういうのはまだ望んでねえんだよ・・・

お店に報告に行こうとする子供の首根っこをつかんで制止。ここで店員を呼ぶと確かに景品はゲットできますが同時にこれまでに張ってきた勝利への伏線も回収前にリセットされてしまいます。三千円で600円のSEでは店の思惑通りですしね。

たとえはじき出される可能性があってもここは継続する必要があります。

そこからお金を入れまくり、どうにか伏線を張り終えました。

したの階層へ落ちる穴がふさがったのです。

これはでかいです。

たこ焼き機は斜めになっているので、落ちた玉は手前にバウンドして、そのままどこにも引っかからずに穴におちていくことがほとんどだったからです。そもそも入る可能性のある場合がほとんどなかったのですね。

これからはいままで穴にダイレクトで消えて行った玉にももう一度たこ焼き機にトライする権利が発生します。

しかもワンクッション置いているので勢いも殺され、さらには、その後もその屍は仲間の踏み台になります。

しかし、一等はやっぱり入りにくい場所にあり、なかなかにきついです。

そこで一つの問題。

・・・玉足りるかな?

カゴの玉がなくなりつつありました。

まだ余裕はありましたが確実に減っていました。

ただここ辞めるのはそれこそ愚の骨頂。続ける他に選択肢はありません。

この辺りで店員が異常に盛り上がったギャラリーに気づきました。時すでに遅し。

ぼくのほうからも釘を刺します。まだ景品交換はしませんし、両替も心配ないのでここを動きませんので邪魔しないでください!

と。ここで事件発生。

ピンポン球をつかんだのちに開いたアームにピンポン球が引っかかってしまったのです。

これは店側に対応を求める問題だったので対応を要求。どうやら店員が玉を外してそこから落としてくれるよう。

するとあろうことか店員はその玉を取ると、

玉を塞いでたのとは別の隙間に落としやがりました。

・・・殺す。

残弾が減っているなかでのこの対応はさすがに腹が立ちました。

しっリーズものは三部作が基本。・・・洋画では

ということで店側への殺意を高めつつ次回へ。
  1. 徒然
  2. / trackback:0
  3. / comment:1
  4. [ edit ]

あんまり引っ張るようないいオチもないんだけどなー
スポンサーサイト

おー!

  1. 2012/06/07(木) 23:02:23 |
  2. URL |
  3. 真剣
  4. [ edit ]
続き楽しみです^^

 管理者にだけ表示を許可する
 

事故哨戒

EVE

Author:EVE
自分でも自分がわからないのに他人に紹介とか無茶振りもいいとこ。
とりあえず記事読んだらわかるかもよ?
↑こんな人です(
二つ名募集中。いや、要らないか

カウンターパンチ

Japanese→English

なんかすごいの

現在時刻





総記事数:




« 2017 05  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。