• 2017_04
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_06

日記とか愚痴とか恨み言とかetc なんか、いろいろと迷走中。

トラウマライダー



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]


オバワカ

語ります。

(今回も括弧書きを導入しました。脱線しそうなコトについては括弧内に収め、括弧内の文字については無視してもらっても一向に構いません。)

仕事とはなんぞや。

(どや顔って言葉があります。それと似たカンジでぞや顔って言葉を作りましょう。意味はなにかを問いかけるような顔で←)

実はあまりぼくにもわかっていません。とりあえずぼくの知っている浅い知識というか知識に満たない経験則のようなもので下記に話を進めます。



18のとき、ぼくは働いたことがなかった。高校ではバイトは許可制だったしよほどのことがなければ許可もおりないことも知っていた。部活もあった。部活に燃えていた。取り返しのつかない怪我もしたけど。部活を放り出してバイトするなんて考えはなかった。

なかには秘密でバイトしているやつも何人かいた。そのときはただ自由に使えるお金が増えるのかーいーなーくらいしか考えてなかったりした。なぜお金がもらえるのかなんて全く。

高校を卒業した。部活はもうない。やることもない。じゃあお金もないしバイトしなきゃなってなった。どうせなら将来に直結するバイトがいいなってなった。普通じゃないバイト。

いまにして考えたらコンビニか飲食あたりの普通のバイト経験しとくべきだったかもしれん。もう経験できないこと。

バイトは時給だ。つまり働けば働いた分だけお金がもらえる。逆にお金をもらった分だけ働けばだれもなにも言わない。そこまでの期待なんてされてない。

生きることは働くことでもあると思う。

まっとうな方法でお金を得るにはまず誰かが働くこと(悪事を働くわけではなしにね)が必要だと思う。

人間生きているからにはご飯を食べないといけないわけで(ぼくは休日は基本的に絶食ですけど)まっとうな方法でご飯を食べるにはやはりお金が必要だ。(まっとう、ご飯ときたら納豆ご飯に見えてくるね)(お腹空いてるのかな)

あと、働く時間ってのは多分人生の中でもかなりの比率を占めていると思います。

時間的にもウエイト的にも。

正味の話。

働き出すとわかること。生活の中心が仕事になります。

趣味を充実させるためには前提条件としてまず仕事をしっかりできていなければならないですし、それを怠っていてはただの現実逃避かなにかです。つまりクズ。そこをはき違えてはいけません。

趣味をするにはお金がかかります。

無趣味な人間にはあまり仕事をできる人間はいないように思います。(ひどく個人的な考えですが)同じように無料の娯楽も人を腐らせるような気がしますし。(エタバをバカにしてるわけではありませんし、エタバ自体はとてもすばらしいものだと思います。ただ、エタバのユーザーを見てみると必ずしも素晴らしい人間ばかりではないように思えます。ぼくをはじめとしてね)

仕事とはつまり自分の時間を社会に切り売りしてその対価として金銭を得ること。その仲介人が会社なのかな。(もちろん例外はありますし、実のところぼくにもなにがなんだかわかりません。ただ、一つの事実として、いや、事実というよりは実感としてのものです)

(例外、例えば芸術関係やなにか特別な才能を伴うようなお仕事はここでは置いておきます。ややこしくなるってのもありますし、知らないことは語れません。それともいつものように妄想垂れ流します?)

こっからは決めつけとこじつけで話を進めます。(ある意味こっちのほうが妄想かも )

現実問題として働いている時間ってのはだいたい週40時間+α。それを四十年+α働いたとします。
でもって、一年を52週間とします。

52(40+α)(40+α)=?

この?の中身を知ることが働くことの意味? 多分定年まで働いた人でもこの中身はわからないんじゃないかな。多分ね。

もちろんぼくにもわかりませんが、人によっておぼろげながら答えは出てくることもあるのかも。それは少しばかりの貯金であったり、自分の残した技術であったり、後継者? あるいは救った命なのかもしれない。

それは人によって違うものだろうし、多分その時々によって変わっていくものかもしれません。わかりません。すくなくともいまのぼくの?の中身は、つらいとかきついとかそういうのばっかりです。

やりがいみたいなものがあればいいですね。

(あと、間違っても(40+α)^2とかしないように。便宜上+αってだけでふたつの+αはおなじじゃねーから! 引っかかった?)(ばーかばーか)

とにかく、とんでもないすうじになりますね。

(計算してしまうと底が見えそうなので詳しい数字は出しませんが。なんか怖い。安っぽくなりそう。)

仕事というのは人生のすべてではないにせよ、その人を構成する重要な要素になると思います。(たとえば合コンなんかで人気の職業とかあります。第一印象に影響するし、職業病とか?人格にも多少なりとも影響するものだと思う。)ただ、仕事単体としてみたら仕事人間は面白くないだろうし仕事以外の時間をどう使うかってのが本当にその人を構成する要素なのかも。(わかんねーけどな!)

話は変わります。

子供の頃あなたはどんな夢を持っていましたか? 多分そこが働くことの出発点です。

それはテレビや漫画のヒーローであったかもしれないし、スポーツ選手であったかもしれない。あるいはお嫁さん?

みんながみんな違う夢を持って、将来を描いていたはずだ。


違う夢?


それは何と違うかというと実態と違う夢だ。

ヒーローはかっこよくもなんともなく裏で悪から賄賂を受け取っているのかもしれない。スポーツ選手はアナウンサーとの不倫に精を出し、八百長試合をしてるかもしれないしお嫁さんは幸せなんかじゃなく夫との関係に飽きて出会い系で不倫三昧だったりするかもしれません。(これこそただの妄想ですがね)

もちろんそんな夢なんて叶うはずもなくそれぞれがそれぞれの挫折を経験してそれぞれの仕事をすることになるのだろうけど、たとえ夢を叶えたからといってそれはまるっきり思い描いたものではないんだろうな。

好きなことを仕事とすることは好きなものを嫌いになるリスクをはらんでいるものかもしれない。(恋愛だって最初は好きなのにどうしてあんなにも嫌いになれるのか。落差ってやつ?)(格言、思いつきました。恋愛は茶番、えっちは本番)

で、つまるところなにが言いたいのかっていうと、仕事とはつまりいやなことです。やらなくていいならやらないにこしたことはないし好きなことだけして生きていきたいです。学生の勉強と同じです。

勉強と違うのはただなんとなくやっていいものでもないこと。勉強はだらだらだらだらやっていてもそれはテストが終われば終了で、あとはどうでもいいし、最悪やらなくたって点さえとれれば認められる。仕事は多分違う。一生付きまとうのだ。今日やらなかったことは明日につながりそれがまた延々と四十年+α。

まぁ、昨日今日働き始めたような若造が言うようなことでもないのだけれど。

現にぼくは仕事に関してはなにもできていませんし。うろうろうろうろ右往左往するばかりです。

余談になるかもしれないが、ぼくが仕事というものを語る上で最も基本になるのは最初のバイトでいた2人の先輩についてだ。

二人ともアルバイトだったがはっきり言ってかなりできる男だった。

ひとりは大学生で、ぼくの一つ上だった。普段は飄々として見かけかなりちゃらい?かんじだがやるときはやる。どんなことでもいやな顔しないで引き受けて、トーゼンみたいな顔してて、なんかこう、すごく信頼できるというか、この人になら任せられるみたいなそういう安心感。かっこよかったなー。

もう一人。

この人はかなり特殊で、普段は会社員で土日にバイトするカンジの人。別にお金のためじゃなくて趣味でやってるみたいだった。たしかにつとめてる会社はお金に困るようなことは絶対なさそうな会社で、よくご飯おごって貰ったし(笑)ぼくは割と気に入られてよく二人で別行動させて貰ってた。たしかにあのバイトは趣味でやってもよさそうなバイトだな。ぼくもまたやりたいし。もう無理だけどね。

つまり働く上で一つの要素となるのが多分かっこいいかどうか。かっこよくなりたいってのはぼくの人生の一つのテーマだ。別に外見とか表面的なものじゃなしにね。まぁ、べつにかっこよくなくてもいいんだろうけど、かっこばっかつけてるよりは。ただ、自然とかっこよくなれればそれにこしたことはない。

うむ、とりあえず何日かに分けて仕事の合間にちまちま書いてみましたが、(働け)最初と最後で整合性はないかもしれませんが考えなんて変わっていいものだと思います。

とりあえずがんばってれば周りは評価してくれるものだと信じて。
  1. 徒然
  2. / trackback:0
  3. / comment:1
  4. [ edit ]

参考になったでしょうか?

とりあえず働いている時間は人間の生きてる時間の大部分を占めるものだと思います。その時間をどう使うかがなんかこう、大事です。多分。

現時点でぼくには抽象的なことしか言えません。全体像が掴めていません。つかめるものかどうかもわかりません。

あと、定年のひとに言われた言葉、精魂込めて仕事しろって。ぼくは一生懸命やってるつもりでも、やはり足りない。男なら命を削って働かなかければいけないってことかも。たしかにプライド持って命かけて仕事してる人はかっこいい。

うーん。

がんばろう。

皆さんにとって働くこととはなんですか? 短くても罵倒でもなんでもいいので意見いただけると嬉しいです。
スポンサーサイト

ぞや・・・

  1. 2012/08/05(日) 00:56:26 |
  2. URL |
  3. 真剣
  4. [ edit ]
小さなリクエストに対してこんなに練った記事を書いていただきありがとうございます。

まだ社会に出てない私はアルバイトしかそれらしい経験が無く、そこの社員さんが私の「仕事する」というイメージの大半を占めてます。責任・拘束・我慢・苦労・疲労・笑顔・達成・成長・報酬…etc

イメージから出てきた二字単語を並べると、ほとんど学校に通ってるイメージと被るように思えました。が、大きく違うのは「責任」「報酬」。

仕事とは責任を背負込んで報酬を受け取ること。その「責任」からいろいろな方向に感情の派生がいくのではないかと考えてみました。

 管理者にだけ表示を許可する
 

事故哨戒

EVE

Author:EVE
自分でも自分がわからないのに他人に紹介とか無茶振りもいいとこ。
とりあえず記事読んだらわかるかもよ?
↑こんな人です(
二つ名募集中。いや、要らないか

カウンターパンチ

Japanese→English

なんかすごいの

現在時刻





総記事数:




« 2017 05  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。