• 2017_06
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_08

日記とか愚痴とか恨み言とかetc なんか、いろいろと迷走中。

トラウマライダー



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]


エタバト用デッキ ジャンコレビート

ジャンクコレクターを使ったビートダウン。エターナルバトルのカードプールに対応したものです。

シャインエンジェル
シャインエンジェル
カオス・ソルジャー -開闢の使者-
カオス・ソーサラー
異次元の女戦士
カードガンナー
カードガンナー
ネクロ・ガードナー
ネクロ・ガードナー
ダーク・アームド・ドラゴン
終末の騎士
終末の騎士
ライトロード・マジシャン ライラ
ライトロード・ハンター ライコウ
ライトロード・ハンター ライコウ
ゾンビキャリア
カオスエンドマスター
ライトロード・モンク エイリン
ジャンク・コレクター
ジャンク・コレクター
ジャンク・コレクター
BF-精鋭のゼピュロス

死者蘇生
大嵐
増援
名推理
名推理
神剣-フェニックスブレード
神剣-フェニックスブレード
D・D・R
D・D・R
D・D・R
光の援軍

リビングデッドの呼び声
リビングデッドの呼び声
リビングデッドの呼び声
マジカルシルクハット
マジカルシルクハット
マジカルシルクハット
激流葬
激流葬
異次元からの帰還
エレメンタルバースト
エレメンタルバースト
スターライト・ロード

A・O・J カタストル
大地の騎士ガイアナイト
大地の騎士ガイアナイト
ギガンテック・ファイター
スターダスト・ドラゴン
X-セイバー ウェイン
ブラック・ローズ・ドラゴン
アームズ・エイド
アーカナイト・マジシャン
パワー・ツール・ドラゴン
エンシェント・ホーリー・ワイバーン
A・O・J ディサイシブ・アームズ
氷結界の龍 トリシューラ
スクラップ・ドラゴン
TG ハイパー・ライブラリアン


各カードの役割や動き方については、ぼくが神と崇めているかたが解説及びレシピを書いているのでそちらを参照していただきたい。

http://blog.livedoor.jp/dogear222/archives/25318561.html#more
http://blog.livedoor.jp/dogear222/archives/25713244.html#more
http://blog.livedoor.jp/dogear222/archives/29039352.html#more

このデッキはジャンクコレクターというパワーカードを見せつつのカオスビートだというのがこの記事を読んでの僕なりの解釈。

ジャンコレは強いのですが、これにこだわりすぎるとここに確実に罠を当てられて爆死させられてしまう。オワコン(この言葉はぼくは好きではないのですがあえて使いますが)と化したCGIではデッキが知られているということがままあり、いわゆるわからん殺しというのが通用しなくなるタイミングが出てくるからです。

その解決策として選択したのがリビデDDR、あとは名推理であり、とにかくジャンコレのss手段を増やしたといったところ。ほかにも蘇生先は多く、中でもフェニブレとDDRの相性はかなり良く、戦士族限定版死者蘇生として働きます。

フェニブレ2の理由としては、引いても強いということと(カオスエンドが18か21打点まで上がるetc)また、ランダム肥しで落ちやすくなる(これによりシルクハットができない場合でもワンキルが比較的容易になります)こと、また、PTDを絡めたワンキルの場合での装備カードを確保するためといった理由があります。

オリジナルのレシピからの変更点とその採用理由について話します。

・エイリンの採用
個人的な一押しカード。フェニブレ対応のライトロードであり、増援援軍からサーチ対応。サーチ手段が豊富ということは必要な場面に取り出しやすいということで、とても強い。これ一枚で切り抜けられる状況がCGIの環境では何度かあり、シングル戦という性質上安定感をあげるための採用。

・終末2
ターン3でのワンキルの動きは美しいが、三枚のカードが必要で相手のバックがない前提のもので、それだけを狙いに行くものではないと判断。ワンキルパターンは存在することに意味があると考える。ぼく個人では終末は初動で強いというより、中盤以降で強いカードだと思う。序盤はランダム肥しを行いつつゲームプランを柔軟に立てていく。

・誘惑不採用
オリジナルに比べて光に寄せてある。誘惑で切るよりプレイしていったほうが強いと判断。

・ジャンコレ3
とにかく増やしたいカード。落ちても引いても強い。いや、引いたら弱い場面もあるけど。。墓地にあればリビデで蘇生して使え、除外にあればDDRから動ける。

・リビデ
手数を増やすカード。エンドリビデでのジャンコレの破壊力はすさまじく、エレメンタルバーストを除外することで、そのターンにセットしたカードを使わせずにがら空きの状態でターンをもらうことができます。サレンダーをもらうことも結構できます。

・DDR3
最強カード。これのおかげで前述した記事に書かれていないパターンでもワンキルが可能になります。ブレードとの相性はもちろんのこと、手札のバーストや帰還を切ってジャンコレを出すことによって、手札から罠を使う動きができます。

・名推理
強いカード。レシピを見ればわかるとおりある程度レベルがばらけています。ssが通りやすく、ゾンキャリと組むことでハンドの罠を確実に落としつつジャンコレをアドバンス召喚し、効果を通すトリッキーな動作を可能とします。

・カオスエンドマスター採用
このカードは文句なしに強い。ジャンコレを引っ張る動きはもちろんのこと、光戦士3チューナーというのが絶妙でワイバーンからのワンキルが可能です。ワンキルの七割くらいににこのカードが絡んでいるといっても過言ではありません。
  1. 遊戯王
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

こんなところでしょうか。

ほかに疑問点なんかがあればコメントかなんかでお願いします。可能な限りお返事はさせていただきます。
スポンサーサイト


 管理者にだけ表示を許可する
 

事故哨戒

EVE

Author:EVE
自分でも自分がわからないのに他人に紹介とか無茶振りもいいとこ。
とりあえず記事読んだらわかるかもよ?
↑こんな人です(
二つ名募集中。いや、要らないか

カウンターパンチ

Japanese→English

なんかすごいの

現在時刻





総記事数:




« 2017 07  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。