• 2017_04
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_06

日記とか愚痴とか恨み言とかetc なんか、いろいろと迷走中。

トラウマライダー



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]


問題提起。

先程、ちょっと素朴な疑問が生まれたので日記にしてみる。

・多数決した場合、勝率(期待値?)はどの程度になるのか?

考え方は大きく分けて二通りあると思います。ここでは話を単純にするために引き分けは勝率にはカウントしないものとします。

・AとBのどちらかを選択し、勝ちと負けに別れるのだから1/2だと考える考え方。

・勝者の人数は常に敗者を上回るので勝率は1/2を上回る。(この場合、正確な数字を求める必要がある(?)

ここを見た方々も、脳と時間に余裕があるれば考えてコメントでもくれると有り難いです。


明日にでも自分の考えた考えを書きたいと思いますがまだ自分も確信には至っていません。
スポンサーサイト
  1. 徒然
  2. / trackback:0
  3. / comment:3
  4. [ edit ]

  1. 2010/09/17(金) 14:59:39 |
  2. URL |
  3. イヴ
  4. [ edit ]
答えは風の中~♪

半年遅れのコメですみません

  1. 2011/04/25(月) 00:01:09 |
  2. URL |
  3. 真剣
  4. [ edit ]
この問題凄く興味深いです!

私の考え↓

AとBでの多数決。便宜上「A」と「B」のどちらかを投票箱に投票する形で多数決を取ることを想定します。このとき、自分の投票順番は一番最後で、自分以外の全員が票を入れ終えた後に自分が入れるとします。
すると以下の二つの場合に分けられます。

【1】 自分の票を入れる前にAとBのどちらかが過半数票を獲得している場合。
⇒自分が選んだ票が多数票に入る確率は二分の一。

【2】 自分が票を入れる前ではAとBのどちらも過半数票に達していない場合。
⇒自分の入れる票によって勝ち負けが決まります。投票者の全体数が奇数の場合は自分が票を入れたグループが勝ちに、偶数の場合は自分が票を入れたグループが勝つか引き分けになります。

以上を考えると、【2】の場合は自分が勝利する確率に有利に働くため、【1】の場合の五分五分の確率に【2】の自分有利の確率を合わせて考えると、結果として自分が多数決で勝つ確率は50%以上になる・・・のではないでしょうか。

EVEさんの考えもぜひ聞かせて下さい!

  1. 2011/04/27(水) 01:06:41 |
  2. URL |
  3. EVE
  4. [ edit ]
コメントありがとうございます!!

あまりにもコメントがないもんだからほんとうにオンライン化されてるのか不安担っていたところでした← 誰も見ないブログなんてハードディスクのなかに保存しているメモ帳と同じだし、せっかく全世界に向けて発信するからにはなにか面白いことを書かなきゃと最近の体たらくを反省しました。

まぁ、自分としては友達と毒にも薬にもならないような馬鹿話するのが一番すきだったりもしますが。

と、前置きが長くなってしまいました。

自分の考えを聞かせて欲しいということだったので頑張って記事にしてみました。

睡眠時間を削った超大作ですのでどうか読んでやってくださいw

 管理者にだけ表示を許可する
 

事故哨戒

EVE

Author:EVE
自分でも自分がわからないのに他人に紹介とか無茶振りもいいとこ。
とりあえず記事読んだらわかるかもよ?
↑こんな人です(
二つ名募集中。いや、要らないか

カウンターパンチ

Japanese→English

なんかすごいの

現在時刻





総記事数:




« 2017 05  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。